本文へ移動

江戸前の陸っぱりハゼ入門編 ハゼボーイに入れ食いテクを聞く

2021年6月8日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「イェ〜イ」今日一番の9センチ級のハゼ坊にタッ君もうれしそう

「イェ〜イ」今日一番の9センチ級のハゼ坊にタッ君もうれしそう

  • 「イェ〜イ」今日一番の9センチ級のハゼ坊にタッ君もうれしそう
 ハゼ坊は今年も元気いっぱい! 江戸前の陸っぱりハゼがあちこちの釣り場で釣れ始めた。まだ6〜8センチ前後とデキ(新子)が中心だが、竿先を震わすヤンチャな引きは健在だ。今回は入門編として船橋港のハゼボーイこと松田匠生(たくみ)君(中2)に入れ食いテクニックを聞いてきたので、皆さん一度チャレンジしてみてはいかが? ハゼ坊からのプルプル魚信に癒やされること間違いなしですぞ。 (中日釣ペン 竹川啓二)

◆初期は岸辺の浅場 短竿で大丈夫

 お手軽なターゲットとして昔から老若男女に人気がある陸っぱりハゼだが、初期は岸辺の浅場で釣れるから初心者や子どもたちでも安心して楽しめるのが魅力だ。
 タックル&仕掛けは図を参照。夏のハゼは足元に群れているから竿は短くても大丈夫。水辺近くまで寄れれば1・8〜2・1メートル前後が基本だ。誘いも掛けやすく子どもたちにも扱いやすい。足場が高いところなどでは2・7〜3・6メートル前後が必要になる場合もあるので状況に応じて用意したい。
 仕掛けはウキ釣りでもミャク釣りでもお好みだが、ハゼ坊は動くものに興味津々。アクティブに誘いを掛けられるミャク釣りのほうがどちらかというと数釣りに向いている。
 初期はサイズが小さいのでオモリの輪にハリスを結ぶスタイルでもOK。中期になるとサイズも10センチ前後が多くなるから、餌を底から少し浮かした状態にするとアタリが多くなる。要はハゼ坊の目線に餌があるようにするのが大事。ただしシーズンを通して初期タイプでも問題なし。セットするのも簡単だしね。
 餌は入手しやすいアオイソメが定番。針に通し刺ししてタラシは不要。他に同じ虫餌のジャリメも細身で人気だ。
 虫餌が苦手な人にはボイルしたベビーホタテや生のエビがおすすめ。スーパーなどで購入できるし余ったら冷凍保存できるから経済的でもある。

◆ハゼボーイ「タッ君」に入れ食いテクニックを聞いてみた

 「竿先を軽く上下に振るように動かして誘いを掛けるのが基本です。オモリが底で小刻みに踊っているイメージですね。同時にハリスの先の針(餌)も動くのでハゼが興味を持って集まってきます。オモリで底をたたいた時の音(振動)も集魚効果があります。少しずつ横引きするのも有効ですね。浅い所でサイトフィッシング(見釣り)すればハゼの集合パターンが確認できますよ」と入れ食いしながらアドバイスしてくれた。

◆針や餌のサイズが合っている? 餌の交換や場所の移動も必要

<釣れない理由は何?> アタリがあるのに針掛かりしないのは夏ハゼ釣りではよくあること。一番の理由は餌や針が大きすぎるから。ハゼ坊の口に入るサイズにしてあげよう。針先が鈍っていても掛かりが悪くなる。ある程度数を釣ったら交換したほうが得策。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ