本文へ移動

美と健康 体験や教室 福井駅周辺店舗が「マルシェ」

2021年6月7日 05時00分 (6月7日 09時42分更新)
端切れを使ったポーチづくりに挑戦する子どもら=福井市の新栄テラスで

端切れを使ったポーチづくりに挑戦する子どもら=福井市の新栄テラスで


 福井市の第三セクター会社「まちづくり福井」は六日、美と健康に焦点を当てた福井駅周辺の回遊型イベント「わがままマルシェ」を同市中央一の新栄テラスなどで開いた。
 まちづくり福井が二一年度から始めた「まちいろストリート」事業の一環。再開発工事の影響で街を訪れる人の減少が懸念されることから、駅周辺の店舗を知ってもらい、にぎわいを回復しようと企画した。
 メイン会場となった新栄テラスには約十店舗が出店し、自宅でできるハンドマッサージの体験会や、オリジナルの雑貨づくりなどが催された。端切れでポーチを作る体験をした村上皐(さつき)さん(10)は「どうやって作ればよいのか、思った以上に難しかった」と熱中した様子で話した。
 このほか、福井中央ビル四階のコワーキングスペースでは、リンパ整体スクールの無料レッスンや和菓子作り体験を実施。駅前の各店舗でもダイエットやヨガの教室などが開催された。
 まちづくり福井の小林寛幸さん(35)は「イベントをきっかけに駅前の店を知ってもらい、継続的に街に足を運んでもらいたい」と期待した。
 「まちいろストリート」は、九〜十一月にもそれぞれ食、音楽、ファッションをテーマに福井駅前周辺で開催予定。
(波多野智月)

関連キーワード

PR情報