本文へ移動

藤井聡太棋聖、初防衛戦は90手で勝利 敗れた渡辺名人「時間を使った割にいい手が指せなかった」【棋聖戦第1局】

2021年6月6日 19時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第92期棋聖戦5番勝負の第1局に臨む藤井聡太棋聖(代表撮影)

第92期棋聖戦5番勝負の第1局に臨む藤井聡太棋聖(代表撮影)

 初のタイトル防衛戦で白星発進を決めた―。藤井聡太棋聖(18)=王位=は6日、千葉県木更津市で指された第92期棋聖戦五番勝負第1局で渡辺明名人(37)=棋王・王将=に90手で勝利した。第2局は18日に兵庫県洲本市で指される。
 「タイトルは防衛して一人前」(大山康晴十五世名人)といわれるように、重い意味を持つ防衛戦。しかも、相手は前棋聖で“棋界最強”の三冠を誇る渡辺名人。藤井棋聖にとってはこれ以上ないタフなリターンマッチがスタートした。
 その初戦を後手番でブレークした藤井棋聖は終局後「防衛戦というのは意識せず、いつもと同じように臨んだ」と自然体を強調。次局に向けては「先後があらかじめ決まっているのでしっかり準備したい」と気を引き締めた。
 一方、渡辺名人は昼食休憩後の長考をポイントに挙げ「時間を使った割にいい手が指せなかった」とコメント。「次はもうちょっといい内容の将棋を指せるようにやっていく」と語った。
 盤上は先手・渡辺名人が相掛かり急戦から新工夫を見せると、午前中から激しい展開に。互いに研究の深さが問われるなか、午後に入って渡辺名人が1時間23分の長考から勝負に出ると、一気に終盤戦に突入した。ここでペースを握った藤井棋聖が落ち着き払った指し回しを見せると、最後は全軍躍動する完勝劇となった。
 消費時間は渡辺名人3時間55分、藤井棋聖3時間34分。終局は午後6時24分だった。
 今シリーズ、藤井棋聖には最年少九段の記録も懸かっている。棋聖防衛を果たすと、タイトル獲得3期の条件をクリアするからだ。これまでの記録は、渡辺名人が2005年の竜王戦で達成した21歳7カ月で、これを大幅に塗り替える可能性がある。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ