本文へ移動

大谷翔平、菊池雄星撃ち今季16号は特大133メートル弾 2年ぶり“花巻東高対決”ヒートアップ

2021年6月6日 12時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回、マリナーズ・菊池からソロを放つエンゼルス・大谷(AP)

1回、マリナーズ・菊池からソロを放つエンゼルス・大谷(AP)

◇5日(日本時間6日) MLB エンゼルス―マリナーズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は「2番・指名打者」でスタメン出場。1回の第1打席で、花巻東高の先輩・菊池雄星投手(29)から中堅の左へ16号ソロを放った。3回の第2打席は外角低めの84マイル(約135キロ)スライダーで空振り三振だった。
 打ったのはほぼ真ん中、内寄り94.3マイル(151.7キロ)の直球。大リーグ公式サイトなどによれば、飛距離436フィート(約133メートル)、打球初速112.5マイル(約181キロ)、角度21度。
 2人の投打の直接対決は2年ぶり。メジャーでは2019年に3試合あった。第2打席までで、通算の対戦成績は10打席で9打数4安打、2本塁打、3打点、3三振、1四球となった。
 大谷は8試合ぶりの一発で、これは今季最長の間隔。16本塁打は、18本塁打のゲレロ(ブルージェイズ)に次ぐリーグ2位タイ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ