本文へ移動

意地のぶつかり合い!! 大谷翔平、VS菊池雄星との“花巻東高対決”第2打席は空振り三振

2021年6月6日 11時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

◇5日(日本時間6日)MLB エンゼルス―マリナーズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は「2番・指名打者」で出場。4勝目を目指して先発した花巻東高の先輩でもあるマリナーズの菊池雄星投手(29)と対戦した。
 1回の第1打席、初球をとらえてバックスクリーン左へ今季16号となる先制ソロ本塁打を運んだ大谷。第2打席は3回1死、カウント2―2から菊池の変化球に空振り三振に倒れた。
 2人は2019年に3試合対決し、大谷が7打数3安打(1本塁打)の成績を残している。今回が2年ぶりの対戦。
 大谷は4日のこのカードで先発登板し、6イニングを2失点に抑え、今季2勝目をあげていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ