本文へ移動

ロシア製ワクチンの接種ツアー検討 プーチン大統領

2021年6月6日 05時00分 (6月6日 05時01分更新)
 【モスクワ=小柳悠志】プーチン大統領は四日、サンクトペテルブルクの国際経済フォーラムで演説と会見を行い、ロシアで外国人がロシア製の新型コロナウイルスワクチンを有料接種できるよう検討すると明らかにした。世界的なワクチン需要の高まりを背景に「官製ワクチンツアー」を催して、自国のワクチンをPRする狙いとみられる。
 十六日に予定されているバイデン米大統領との首脳会談に関し「米国は経済制裁によってロシアに内政干渉を試みている」と述べ、米側をけん制した。
 ベラルーシ当局が領空を通過していた旅客機を強制着陸させ、反政権派の記者を拘束したことについては「ロシアの情報機関は関与していない」と主張した。
おすすめ情報

国際の新着

記事一覧