本文へ移動

大鶴義丹、初の国家犯罪者役 意欲十分「ハングルも勉強してます」

2020年2月14日 00時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
製作発表に出席した(左から)仁支川峰子、小松政夫、大鶴義丹ら

製作発表に出席した(左から)仁支川峰子、小松政夫、大鶴義丹ら

 北朝鮮による日本人拉致事件を題材にした映画「めぐみへの誓い」(野伏翔監督)の製作発表が13日、東京都内で開かれ、原田大二郎(75)、大鶴義丹(51)、小松政夫(78)、仁支川峰子(61)らが出席した。
 原田は横田滋さんを演じ、大鶴は日本人拉致に関わった北朝鮮のスパイのシンガンシュンを演じる。大鶴は「犯人役はやってきたことがあるが、国家犯罪者(役)は初めての経験。リハーサルしてハングルも勉強してます」と難役にも意欲十分。「責任を持って演じさせてもらう」とした。
 また、安座間美優(33)、小林麗菜(24)らが出演する。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ