本文へ移動

FC東京・岡庭愁人がトップチーム初先発 クロスで好機演出も「特長出せなかった」反省【ルヴァン杯】

2021年6月5日 19時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京―湘南 後半、パスを出すFC東京・岡庭

FC東京―湘南 後半、パスを出すFC東京・岡庭

◇5日 ルヴァン・カッププレーオフ第1戦 FC東京0―1湘南(駒沢陸上競技場)
 大会連覇を目指すFC東京はホームで湘南に0―1で敗れた。東京は優位に試合を進めたが、湘南の固い守備の前にゴールを奪えなかった。第2戦(レモンS)は13日に行われる。
 けが人が続出している右サイドバックに光明が差し込んだ。特別指定選手として明大所属のDF岡庭愁人(21)がこの日、トップチームで初先発し、後半32分まではつらつとプレーした。
 「自分の特長である前に出るプレーや運動量を出せなかった」と、自己採点は辛口だったが、精度の高いキックや、持ち味のクロスで好機を演出。第2戦にも期待が集まる中、「もっと特長を出せるようにコミュニケーションを取って大学生らしくチャレンジしたい」と、初々しかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ