本文へ移動

中京大中京が県総体V、全国へ 鉄壁守備を固め刈谷のパスサッカー封じ PKで振り切る【高校サッカー】

2021年6月5日 18時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
PK戦の末に優勝が決まり、駆けだす中京大中京イレブン

PK戦の末に優勝が決まり、駆けだす中京大中京イレブン

 愛知県高校総体サッカー決勝は5日、愛知県豊田市の豊田市運動公園陸上競技場で行われ、中京大中京が0―0の末、PK戦で刈谷を4―3で破って優勝し、3大会ぶりの全国総体出場を決めた。
 粘りの勝利だった。中京大中京は刈谷のパスサッカーに対し「『回される』というか『回させる』。ボールは動かされる分には怖くない」(鈴村真平監督)と、あえて自陣で守備ブロックをつくって応戦。中央へのパスを遮断し、延長戦を含めた100分間を守り切った。
 現3年生にとって初めてとなる全国の舞台。鈴村監督は目標を「一戦一戦、まずは1勝」としたが、主将のDF横井文太(3年)は「日本一」と即答。一戦必勝の粘り強さを武器に、一気に頂点へと駆け上がる決意を見せた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ