本文へ移動

橋下徹さん東京五輪に持論 「尾身氏たちとオリパラ推進派が激しくフルオープンの議論をした上で最終判断するのが政治の役割」

2021年6月5日 15時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
橋下徹さん

橋下徹さん

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(71)が、東京五輪の開催に伴う感染リスクを訴えた発言に対し政府内部での不満が強まっているという一部報道に、元大阪府知事で弁護士の橋下徹さん(51)が5日、自身のツイッターで政府に対し「フルオープンの議論」による最終判断を求めた。
 橋下さんは「尾身氏たちとオリパラ推進派が激しくフルオープンの議論をした上で最終判断するのが政治の役割。そのことによってベターな解が見つかるし、国民の納得度も上がる」とツイートした。
 このツイートに対し、「賛成です。フルオープンでテレビ・ラジオ・ネットで中継して全部詳らかにしてほしいです」「不都合な意見は言わせまいとするのがいかにも日本式」「オリパラまで50日もない、その中で何を議論するのか」などさまざまな意見が寄せられた。
 これとは別に「分科会は今年2月25日までに25回開催されていますが、オリンピックについて言及したことは1度もない。尾身氏はまっとうなことを言ってると思いますが、氏の職務に照らせば、もっと早期に具体的な数字を示して提言すべき立場だったはず」というコメントも見られた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ