本文へ移動

リアル二刀流・大谷翔平、ストライク率66%は“理想”そのもの 無四球はメジャー4年目&20試合目で初

2021年6月5日 13時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

◇4日(日本時間5日) MLB エンゼルス―マリナーズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)はマリナーズ戦に「2番・投手」で先発登板。指名打者を解除して打線にも入る今季5度目の“リアル二刀流”で、6イニングを4安打2失点、今季最多タイの10奪三振(K)と好投。今季2勝目の権利を持ったまま降板した。
 試合は8回終了時点でエンゼルスが3―2とリードしている。
 バットでは3打席で2打数無安打。第1打席は打球初速110.5マイル(約178キロ)の日の出るような打球も、野手の正面を突く不運な遊ゴロ併殺打。さらに四球、遊ゴロだった。
 無四球はメジャー4年目、通算20試合目の先発で自身初。ストライク率66%(76球中50球)は、大リーグで理想とされる65%前後そのものだった。10Kは、5月11日のアストロズ戦と並ぶ今季最多タイで、2桁Kはメジャー通算4度目だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ