本文へ移動

大谷翔平、今季5度目リアル二刀流は6イニング10K2失点で2勝目の権利 与四球ゼロはメジャー初

2021年6月5日 12時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

◇4日(日本時間5日 MLB エンゼルス―マリナーズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は4日、マリナーズ戦で今季5度目の“リアル二刀流”として先発登板。6イニングを投げて今季最多タイの10三振を奪うなど4安打2失点にまとめ、今季2勝目の権利を得てマウンドを降りた。与四球ゼロはメジャーで登板して初めてだ。
 降板後は守備には就かず、そのままベンチに下がった。この日は「2番・投手」でスタメン出場し、打撃は2打数無安打1四球だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ