本文へ移動

茅の輪くぐりで疫病退散を 津・県護国神社、限定の御朱印授与も

2021年6月5日 05時00分 (6月5日 12時24分更新)
密を避けるため一足早く設置された茅の輪=津市広明町の県護国神社で

密を避けるため一足早く設置された茅の輪=津市広明町の県護国神社で

  • 密を避けるため一足早く設置された茅の輪=津市広明町の県護国神社で
  • 期間限定で授与される御朱印
 津市広明町の県護国神社で、疫病退散を祈る茅(ち)の輪くぐりが行われている。例年は三十日の「夏越(なごし)の大祓式(おおはらえしき)」に合わせて六月半ばに置くが、新型コロナウイルス感染防止で密集状態を避けるため、昨年に続き、一日に設置した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧