本文へ移動

夜・休日、アプリで子の医療相談 愛知でのサービス拡充へ

2021年6月5日 05時00分 (6月5日 05時01分更新)
オンライン診療や健康相談ができるアプリのイメージ

オンライン診療や健康相談ができるアプリのイメージ

  • オンライン診療や健康相談ができるアプリのイメージ
 オンライン診療を手掛けるスタートアップ「ノーススター」(東京)は、子どもが夜間や休日に体調を崩したときに健康相談に乗り、必要があれば医療につなぐアプリ「キッズドクター」のサービスを、年内にも愛知県内で本格的に提供する。新型コロナウイルスの感染拡大で病院に行くのをためらう人もいる中、判断に迷う保護者の需要を見込む。 (竹田弘毅)
 アプリは、文字のやりとりで専属の看護師に質問できる健康相談のほか、ビデオ通話を通じた医師のオンライン診療と、自宅に医師を呼んで診察と薬の処方をしてもらう往診の予約ができる。症状に応じて救急病院の受診やオンライン診療、往診の利用を促す。
 アプリや健康相談の利用は無料で、オンライン診療や往診は、健康保険や自治体の医療費助成が適用される。健康相談は全国から利用できるが、オンライン診療と往診は、現在は関東地方の都市部を中心に受け付けている。東海地方では、名古屋市内で往診予約だけを提供している。
 ノーススターは医師や看護師へ気軽に相談できる環境の提供を目指し一月に設立。医療機関側から対価を得る仕組みで、三井物産の出資を受けてサービス地域の拡大を図っている。
 愛知県内では...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報