本文へ移動

青色基調の小皿や食器 陶芸家の大塚さん、磐田で個展

2021年6月5日 05時00分 (6月5日 05時00分更新)
作品を持つ大塚人詩江さん=磐田市新造形創造館で

作品を持つ大塚人詩江さん=磐田市新造形創造館で

 西遠女子学園(浜松市中区)を卒業した浜松市南区の陶芸家大塚人詩江(としえ)さん(51)の個展「土のぬくもり展」が五〜二十七日、磐田市新造形創造館で開かれる。
 大塚さんは一九九八年から米国で陶芸を学び、ニューヨークを拠点に活動。二〇一〇年に帰国した。
 今回は日常生活が楽しくなるような器やオブジェ計五十点を出品。爽やかな青色を基調にした小皿や細長い食器、茶色系の皿や茶わん、なまはげの顔をイメージしたという香炉などを並べた。怪物をかわいらしい顔つきにした花器もある。
 大塚さんは四日、色合いや用途を考えながら作品を配置した。期間中の土、日曜のいずれも午後は在廊する。七、十四、二十一日休館。 (宮沢輝明)

関連キーワード

おすすめ情報