本文へ移動

【巨人】復帰戦で負傷?メルセデス「脚は心配ないよ」左太もも裏に違和感も軽症と判明…首脳陣も”ホッ”

2021年6月4日 22時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム戦に先発した巨人・メルセデス

日本ハム戦に先発した巨人・メルセデス

◇4日 巨人6―0日本ハム(東京ドーム)
 かなりのドキドキとなったが、大きな1勝となった。今季初登板の巨人・メルセデスが、昨年9月13日以来264日ぶりの勝利を挙げた。
 150キロ超えを連発し、制球も良く、5回までわずか1安打と抜群のピッチングだったが、6回に思わぬアクシデント。2死一塁で西川に2球目(ファウル)を投げると、マウンド上で左太もも裏を触りながら顔をゆがめ、そのまま交代した。
 昨年10月に左肘を手術。ローテ編成が苦しい中で巡ってきた登板で好投した。降板の際は心配させたが、けがではなく、患部がつったのだという。「脚は心配ないよ。次回に向けて頑張ります」とメルセデス。離脱していた菅野も6日に復帰予定。そしてメルセデスも加わった。巨人の阪神追い落とし態勢が徐々に整ってきた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ