本文へ移動

【FC東京】特別指定選手の明大DF岡庭の起用は?長谷川監督「試合前なので…」5日の湘南戦から出場可能

2021年6月4日 21時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合前日に会場となる駒沢で練習を行い、ピッチコンディションを確かめる長谷川監督=駒沢陸上競技場で(FC東京提供)

試合前日に会場となる駒沢で練習を行い、ピッチコンディションを確かめる長谷川監督=駒沢陸上競技場で(FC東京提供)

 FC東京は4日、湘南とのルヴァン杯プレーオフ第1戦(5日)を前に、試合会場となる東京・駒沢陸上競技場で非公開練習を行った。練習後にオンライン取材に応じた長谷川健太監督(55)は「相手よりも自分たちのサッカーができるか(どうか)が大事。湘南もアグレッシブなサッカーをやってくるが、それを上回れるようにしたい」と語った。
 下部組織出身で、明大DF岡庭愁人(4年)の来季加入が内定し、この日、特別指定選手として認定されたことも発表された。この一戦から出場が可能となるが、指揮官は「試合前なので多くは語れない」とした上で「キャンプに練習参加していた時、尻上がりに良くなったので注目していた。特別指定となり、大きな戦力だと思っている。非常に期待している」と口にした。
 湘南は5月のリーグ戦で首位を独走する川崎に1―1で引き分けるなど、ハードワークを武器に90分間絶えず激しい局地戦を挑んでくる。長谷川監督は「かわす発想はない」と言い、相手と同じ土俵での真っ向勝負を誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ