本文へ移動

【ヤクルト】村上宗隆がリーグ単独トップの16号2ラン!「甘い球を一発で仕留めることができた」

2021年6月4日 19時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回裏、2ランを放ちナインに迎えられるヤクルト・村上

3回裏、2ランを放ちナインに迎えられるヤクルト・村上

◇4日 ヤクルト―西武(神宮)
 ヤクルト・村上宗隆内野手(21)が貫禄十分の一発を放った。
 7点リードの3回2死一塁で西武の先発・高橋から16号2ラン。真ん中高めの真っすぐを右中間席に放り込んだ。
 この時点で巨人・岡本と1本差のリーグ単独トップに浮上。若き主砲は「甘い球だったがミスショットせず、一発で仕留めることができた。追加点を取ることができてよかった」とコメントした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ