本文へ移動

貴重な明治の軍事演習資料を翻刻 飯島町の伊藤さん出版

2021年6月4日 05時00分 (6月4日 15時45分更新)
陸軍歩兵第十五連隊の演習模様を記録した資料を翻刻した伊藤さん=飯島町で

陸軍歩兵第十五連隊の演習模様を記録した資料を翻刻した伊藤さん=飯島町で

 飯島町飯島の郷土史家伊藤修さん(71)が、同所の民家で見つかった明治時代の軍事資料などを翻刻した「明治三十・三十一・三十二年度 陸軍歩兵第十五連隊小機動演習日誌」を自費出版した。日露戦争(一九〇四〜〇五年)前にあった師団以下の軍事演習関連の史料は少ないといい、伊藤さんは「年ごとに異なる演習の様子など、近代史を学ぶ上で貴重な資料になるのでは」と話している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧