本文へ移動

<奥三河点描> 渥美半島の石拾う画家

2021年6月4日 05時00分 (6月4日 12時01分更新)

石の傷から鬼の姿を探し続けている栃久保さん=新城市門谷の観来館で

 新城市大野出身の画家栃久保操さん(80)=豊橋市平川南町=は、故郷の奥三河に伝説として数多く伝わる鬼の姿を表現することに生涯をかけている。その基となっているのが、渥美半島で拾い上げている石だ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧