本文へ移動

炭谷銀仁朗が巨人時代“内海の登場曲”使った理由「移籍後初めて東京D先発だったので」不思議な縁感じた

2021年6月3日 22時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回、右越えの2ランを放ちナインに迎えられる巨人・炭谷

2回、右越えの2ランを放ちナインに迎えられる巨人・炭谷

◇巨人4―4西武(東京ドーム)
 巨人の炭谷銀仁朗捕手(33)が2回に今季1号2ランを放った。相手は、2018年オフにFA宣言をして巨人入りした際、人的補償で西武に移籍した内海哲也投手(39)。初対決を制したが、打席に向かう際は粋な計らいも。内海が巨人時代に使っていた登場曲を流した。
 「今日は内海さんが移籍後初めて東京ドームで先発ということだったので1打席だけ使わさせていただきました」。不思議な縁となった相手を思う気持ちを曲に込めて、勝負では最高の結果を出した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ