本文へ移動

「最低限粘れた」滝中瞭太5回2失点で4勝目 石井監督の『目標設定』で安定感増す【楽天】

2021年6月3日 22時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト戦に先発した楽天・滝中

ヤクルト戦に先発した楽天・滝中

◇3日 ヤクルト2―4楽天(神宮球場)
 楽天の滝中瞭太投手(26)が5イニングを6安打2失点で4勝目を挙げた。
 「最低限粘れたと思います」と、この日の投球を振り返った滝中。3回に塩見と青木に連続本塁打を浴びたが、「ソロは仕方ないという気持ちでした。大量失点じゃなくて良かった」とプラス思考で踏ん張った。石井監督から「6イニング3失点を目指せ」と指令されてから安定感が出てきた。「そこを何とか必死にやろうとしているからだと思います」と滝中本人も認めるように、実現可能な目標設定が功を奏している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ