本文へ移動

なにわ男子、「高校野球応援し隊」就任 応援ソング「夢わたし」歌う メンバーもびっくり「やったー!」より「えっ! いいの?」

2021年6月4日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高校野球応援し隊にふんしたなにわ男子。前列左から大橋和也、大西流星、長尾謙杜、藤原丈一郎、後列左から高橋恭平、西畑大吾、道枝駿佑

高校野球応援し隊にふんしたなにわ男子。前列左から大橋和也、大西流星、長尾謙杜、藤原丈一郎、後列左から高橋恭平、西畑大吾、道枝駿佑

 関西ジャニーズJr.グループ「なにわ男子」が8月9日に開幕する「第103回全国高等学校野球選手権大会」で、高校球児たちを応援する「高校野球応援し隊」に就任。さらに、ABCテレビ(朝日放送)・テレビ朝日系列の関連番組で流す「夏の高校野球応援ソング」と「熱闘甲子園」のテーマソングとなる新曲「夢わたし」を担当することが決定した。ジャニーズの楽曲起用は、関ジャニ∞「オモイダマ」(2014年)、嵐「夏疾風」(18年)に続いて3曲目となる。
 なにわ男子は今最も勢いのあるJr.グループのひとつ。関ジャニ∞、嵐に次いで大役を担うことになったことについて、西畑大吾(24)は「初めて聞いたとき、ちょっとびっくりしたもんね。『やったー!』っていうより『えっ! いいの?』って」とバトンの重みを感じている。
 Jr.内でも無類の野球好きで知られる藤原丈一郎(25)は、19年の「熱闘甲子園直前SP!号泣甲子園」でナレーションを担当。毎年、高校野球の観戦に通うほど野球好きで、プライベートで朝早くから甲子園に行ったとき、テレビに映ってしまったこともあるといい「やばい! どうしよう!? まさかこんなに早く、高校野球に携われるとは思ってもいなかった」と大興奮の様子だ。
 高校野球応援し隊の仕事はまず、自分たちが歌うテーマソングのタイトルを考案することから始まった。「夢」「つなぐ」「カラフル」「スタート」などのワードを使ったタイトル案が挙がっていく中、最後は「ジャニーズも高校球児も後輩に夢を“渡し”ていく。それに一人ひとりに“わたし”の夢がある」と熱弁を振るった藤原考案のタイトルにメンバー全員が納得し、「夢わたし」となった。
 藤原のほかにも、自身と「野球」のつながりをメンバーが次々とアピール。リーダーの大橋和也(23)は真っ先に「僕は、開幕の8月9日が誕生日。“野球の日”です!」とドヤ顔。西畑は「小・中学生のころはお父さんと阪神タイガースの観戦に行っていたし、甲子園での高校球児の活躍も毎年見ています。応援し隊に就任したことはまだ父親に言ってないんですけど、報告したらすごく喜んでくれると思います」とはにかんだ。
 特技がバスケットボールの高橋恭平(21)が「僕も野球、やってた時期があったんで…。小学2~3年の1、2年ほど。そのときのポジションはファーストでした」と明かすと、全員が「オオッ~!」と驚きの声を上げ、藤原が「結成して3年になるけど、この情報マジ、初解禁やな!」と目を丸くした。
 また、長尾謙杜(18)は「僕らと同じ2002年生まれの球児は、(コロナ禍で)高校最後の年に春も夏も甲子園がなくなっているんですよね。それでも野球をやってた3年間は宝物だったって聞いたので、球児を応援できてうれしいです」としみじみと語った。
◇Tシャツとハチマキ着用
 高校野球応援し隊のコスチュームは、学ランと7人それぞれが自身のメンバーカラーのTシャツとハチマキを着用する。
 西畑が「応援したくなりますよね」と語ると、大西流星(19)が「形から入るタイプやからね」と笑っていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ