本文へ移動

大腸がんで闘病中の大島康徳さん「腹水の治療のため」入院を報告

2021年6月3日 17時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大島康徳さん

大島康徳さん

 中日や日本ハムで活躍した野球解説者の大島康徳さん(70)が3日、自身のブログを更新。腹水の治療のため入院することを報告した。
 「今日は、検査を行い希望する治療が可能かどうか?先生にご判断いただきOKならば明日から始まります」
 大島さんは2016年10月にステージ4の大腸がんと診断され、すでに肝臓にも転移があったことも告白。それでも野球解説者としての仕事も継続し、たびたび自身のブログで闘病の様子をつづっている。5月31日には、腹水がたまり始めた影響で、抗がん剤治療を休んだことを報告していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ