本文へ移動

おおい・名田庄地域のトレイルルート整備へ アウトドア人気、誘客図る

2021年6月3日 05時00分 (6月3日 15時14分更新)
おおい町が構想するロングトレイルのメインルート

おおい町が構想するロングトレイルのメインルート

  • おおい町が構想するロングトレイルのメインルート
  • 山歩きが楽しめる自然道=おおい町名田庄染ケ谷で
 おおい町は本年度から二〇二三年度にかけて、名田庄地域を周回する全長百キロのロングトレイルルートを整備する。豊かな自然を楽しみながら山の尾根伝いなどを歩くコース。コロナ禍で高まるアウトドア人気の波に乗り、誘客を図る。(鈴村隆一)
 ロングトレイルは「歩く旅」のために作られた道のこと。登頂を目的とする登山とは違い、登山道やハイキング道、散策路、里山のあぜ道などを進みながら、地域の自然や歴史にふれる。
 名田庄地域には現在でも山歩きの愛好者が訪れており、魅力的なルートの設定とPRで多くの人を呼び込むことにした。
 町は頭巾山や八ケ峰を通るコースを構想し、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報