本文へ移動

大坂なおみ「年収66億円」がトレンド入り “世界で12位”フォーブスの報道受けネット反応

2021年6月3日 11時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大坂なおみ(AP)

大坂なおみ(AP)

 米経済雑誌フォーブスは2日、女子テニスプレーヤーの大坂なおみ(23)が1年間で6千万ドル(約66億円)となり、女性アスリートでこれまでの最高額を更新したと報じた。これを受け日本時間3日、「年収66億円」が日本のツイッターでトレンド入りした。
 フォーブスは、昨年彼女が打ち立てた年収3700万ドルの女性アスリートの収益記録を自身で破り、世界で最も稼いだアスリート50人のうち、12位となったと報じた。
 ノバラク・ジェコビッチやラファエル・ナダルといった男子スターも大きく上回り、大阪は昨年の29位から大きく飛躍したという。
 大阪は先月、大会後の記者会見に出席しないことを表明したのち、うつに悩まされてきたことを告白し、全仏オープン棄権した。66億円という破格の年収が世間に与えた衝撃は大きく、日本のツイッターでは「年収66億円」がトレンド入りした。
 ネット上では「年収66億円でも鬱になる」「年収66億円あっても鬱が治らないんじゃなくて、年収66億円の代償が鬱の可能性がある」「この66億には”会見を受けることによる対価”も含まれてる」「病は平等」といったさまざまなコメントが見られた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ