本文へ移動

【石川】イオンモール白山 来月19日オープン 北陸最大級 200店が入居

2021年6月3日 05時00分 (6月3日 10時00分更新)
屋根や凹凸のある外壁で白山の山並みを表現した外観イメージ(イオンモール提供)

屋根や凹凸のある外壁で白山の山並みを表現した外観イメージ(イオンモール提供)

  • 屋根や凹凸のある外壁で白山の山並みを表現した外観イメージ(イオンモール提供)

 イオンモール(千葉市)は二日、石川県白山市横江町で建設中の「イオンモール白山」を七月十九日にグランドオープンすると発表した。鉄骨造り三階建てで、延べ床面積約十一万平方メートル。富山県のイオンモール高岡と並ぶ北陸最大の約二百店が入居する。このうち石川県内への初出店が七十五店あり、五十三店が北陸初出店となる。
 食と娯楽の充実に力を入れ、石川県七尾市出身の世界的パティシエ辻口博啓さんらがプロデュースするレストラン街「グランシェフズキッチン」を全国で初展開する。
 新型コロナウイルス感染対策として換気窓を複数設置。レジの待ち時間をなくし非対面、非接触を進めるため、貸し出し端末やスマートフォンアプリを通じて商品バーコードを読み取るとその場で会計ができるシステムを導入する。
 モール内のイオンシネマ白山は全座席の間に収納できる間仕切りを設置。コロナ禍で座席を一つおきに使っているが、白山は全国のイオンシネマで五例目となる間仕切りで飛沫(ひまつ)を防ぐ。
 イオンモールは北陸三県では石川に二カ所、富山に二カ所あり、白山が五カ所目。金沢市中心部から南西約七キロに位置する。
 イオンモール白山の東約一・六キロのイオン御経塚ショッピングセンターは五月三十一日に食料品と日用品の売り場を除き、閉店した。白山のグランドオープンまで一カ月半余りあるが、イオンモールは「御経塚のテナントのうち三十五店が白山へ移る準備期間と、従業員が新システムを研修する期間が必要なため」と説明した。

関連キーワード

PR情報