本文へ移動

【東京五輪】ソフトボール女子の山田主将がオーストラリア代表との練習試合実現に期待「対戦する意味はある」

2021年6月2日 23時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田恵里主将

山田恵里主将

 東京五輪ソフトボール代表の主将で「女イチロー」の異名を持つ、山田恵里外野手(37)=デンソー=が2日、オンライン取材に応じ、1日に事前キャンプのため来日したオーストラリア代表との練習試合実現に期待した。
 オーストラリア代表は現在、群馬県太田市内で合宿中。日本代表が“対戦”を申し出ているが、まだ回答はない。実現すれば久々の対外試合となる。
 山田は「今年に入ってからは海外チームと試合ができていない。本番前に試合ができるのは本当にありがたいこと」と受け止め「できたらお互いに(手の内隠しで)探り合いになるが、対戦する意味はある。一つ一つ大切にしたい」と意気込んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ