本文へ移動

楽天・太田光捕手「なんとか食らいつきました」同点打で先発・則本昂を援護

2021年6月2日 19時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・太田光

楽天・太田光

◇2日 ヤクルト―楽天(神宮)
 楽天の太田光捕手(24)が1点を追う4回2死一、二塁で中前に会心の同点打。先発・則本昂を援護した。
 「打ったのはチェンジアップかフォーク。追い込まれていたので、なんとか食らいつきました。則本さんが頑張っていますからね。追いつけて良かったです」
 太田は2回1死満塁で迎えた第1打席には最悪の遊ゴロ併殺打。一気にチャンスをつぶしていた。試合の中で見事借りを返した。
 大型捕手として期待され今年でプロ3年目。大商大時代は、中日の滝野要外野手と同期。爆笑問題の太田光と同姓同名のため、ラジオ番組でも2人セットで応援してもらい話題にもなった。
 今季は56試合中、45試合に出場。打順は「8番」や「9番」だが、この日は相手の本拠地・神宮とあって楽天の則本昂が9番。8番打者として大事な役割を果たした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ