本文へ移動

ラストアイドルが舞台の役作りのため野球に初挑戦 本番は”エアボール”も「どれだけボールを見せられるかが勝負」と意気込み

2021年6月2日 19時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台「球詠」の野球練習を行ったラストアイドルのメンバー

舞台「球詠」の野球練習を行ったラストアイドルのメンバー

 女性アイドルグループ「ラストアイドル」のメンバー18人が2日、東京都内の球場で野球に初挑戦した。
 グループは東京・草月ホールで24日から野球を題材に舞台「球詠(たまよみ)」(30日まで)を上演。この日は役作りのため、打撃や投球、ベースランニングなどの練習を行い、野球の基礎を実体験した。
 舞台は人気漫画を原作に、埼玉県越谷市から全国高校野球大会への出場を目指す女子野球チームの青春を描く。舞台上では実球は使用しないが“エアボール”での熱戦の模様も披露される。
 野球をプレーするのはメンバー全員が初体験。「新越谷」のチーム名が入った舞台衣装のユニホーム姿も披露した投手役の大森莉緒(19)は「初めて野球を経験しましたが、ピッチングだったり、バッティングだったり、すごく難しい。でも、ワクワクしてメンバーと一緒に野球ができて楽しい」と笑顔を見せた。
 また、グループを7月末で卒業、メンバーとしてのラスト舞台になる捕手役の長月翠(21)は「メンバー全員、気合が入ってます! 舞台では実際にボールは使いませんが、どれだけボールを見せられるか、が私たちの勝負です。胸を張れる舞台にします!」と誓っていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ