本文へ移動

地域鉄道活性化へ「議員連盟」設立 自民県議有志

2021年6月2日 05時00分 (6月2日 16時24分更新)
 自民党県議の有志が一日、「地域鉄道の維持・活性化を目指す議員連盟」を設立した。超党派の議連として活動し、JRなどに生活や観光面での利便性確保を求めていく。発起人は、県議会最大会派「県会自民党」の山岸猛夫議員、仲倉典克議員、田中宏典議員の三人。同日の会派総会で、入会を呼び掛けた。他会派にも輪を広げる。議連は勉強会で地域鉄道への理解を深めつつ、JRや県などに維持・活性化を要望していく。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報