本文へ移動

【陸上】サニブラウン、今月の日本選手権へ「出るからには2冠して五輪へいいスタートを」

2021年6月2日 14時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
サニブラウン・ハキーム

サニブラウン・ハキーム

 陸上男子100メートル日本記録(9秒97)保持者のサニブラウン・ハキーム(22)=タンブルウィードTC=が2日、報道陣の代表取材に応じ、東京五輪代表選考会となる今月下旬の日本選手権(大阪・ヤンマースタジアム長居)へ「100メートル、200メートル両方に出場するので、出るからには2冠して五輪へいいスタートを切りたい」と意気込んだ。
 5月31日に拠点の米フロリダ州ジャクソンビルで行われた競技会の100メートルに出場し、追い風3・6メートルの参考記録で10秒25だった。2019年秋の世界選手権以来のレースを「最後に走ったのがドーハで長い間走っていなかったので、とても新鮮な感じ。ものすごく久しぶりなので」と振り返り「気持ち良く走って、ケガがなければ今回の試合はそれでいいのかなと思っていた。レース自体はあまり良くはなかったと思うけど、気持ち良く100メートルを久しぶりに走れたので自分的にはプラスかなと思う」と手応えを口にした。
 新型コロナウイルス禍での東京五輪については「開催する、しないというよりはしたらしたで、自分はするていで、万全の体制で準備していければという感じ」と心境を明かし「自分はまだ22歳なので、東京五輪をへて人として選手として成長できれば一番かなと思っている。ゴールでもないし、むしろここからが自分がどうなっていくのかなという感じ。五輪はまだ出たことがないので楽しみ」と打ち明けた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ