本文へ移動

南アルプスジオパーク、認定継続を断念か 協議会が検討

2021年6月2日 05時00分 (6月2日 15時42分更新)
南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークの地層を見て学ぶ児童ら。同ジオパークの継続断念が議論されている=2013年8月、伊那市で

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークの地層を見て学ぶ児童ら。同ジオパークの継続断念が議論されている=2013年8月、伊那市で

  • 南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークの地層を見て学ぶ児童ら。同ジオパークの継続断念が議論されている=2013年8月、伊那市で
 飯田市、伊那市、富士見町、大鹿村、観光団体などでつくる「南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク協議会」が、日本ジオパーク認定継続の断念を検討していることが分かった。認定機関である日本ジオパーク委員会が求める人員の増強などが難しいことや、認定による地域活性化への効果が限定的であることなどが背景にある。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報