本文へ移動

福井商議所会頭に八木誠一郎氏 伊東氏の理念継承へ

2021年6月2日 05時00分 (6月2日 11時32分更新)
就任会見で意気込みを語る八木新会頭=福井市の福井商工会議所ビルで

就任会見で意気込みを語る八木新会頭=福井市の福井商工会議所ビルで

 福井商工会議所は一日、福井市内で通常議員総会を開き、第二十一代会頭にフクビ化学工業社長の八木誠一郎氏(61)を選任した。前会頭の伊東忠昭氏(72)=福井銀行顧問=は健康上の理由で、任期途中で退任した。八木氏の任期は、伊東氏の残任期間となる二〇二二年十月末まで。
 (中場賢一、浅井貴司)
 福井商工会議所ビルでの総会後に就任会見した八木氏は「身に余る光栄であると同時に、責任の重大さに身の引き締まる思い」と述べた。伊東氏の活動理念を継承する意向で、「取り組んできた重点プロジェクトを実施し、進化させたい」と、新型コロナウイルスに対する企業支援や北陸新幹線福井開業を控えたまちづくりの推進に意欲を示した。
 伊東氏は一九年十一月に川田達男氏=セーレン会長=から会頭を引き継いだが、今年五月上旬の正副会頭会議で辞意を伝えていた。任期半ばで退任し、顧問に就いた。今後は持病の治療をする。「新型コロナにより地域経済は予断を許さない状況が続き、北陸新幹線福井開業を間近に控える時期の会頭職の退任は断腸の思い」とのコメントを寄せた。
 福井商議所では、八木氏の父でフクビ化学工業創業者の八木熊吉氏も一九八五(昭和六十)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報