本文へ移動

陸上五輪代表の田中希実 1500優勝もタイム不満 日本選手権へ巻き返す【木南道孝記念】

2021年6月1日 21時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
独走する田中希実

独走する田中希実

 陸上の木南道孝記念は1日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、女子5000メートルで東京五輪代表に内定している田中希実(豊田自動織機TC)は1500メートルに出場し、4分10秒06で優勝した。
 「ラスト1周を大事にすることでシーズンベストが出ればなと思っていたが、タイムで上がれず(4分)10秒かかってしまったのは残念」と振り返った。
 今月下旬の日本選手権は800メートル、1500メートル、5000メートルにエントリーする意向で「3種目出ると決めているわけではないが、800は2分2秒以内で、1500は最低限優勝、5000はメンバーがそろう未知の5000なので楽しむことを大事にしたい」と意気込んだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ