本文へ移動

接種率上位県へのワクチン優先配分は「言語道断の方針」米山隆一さん猛批判「政策的見栄えのために…」

2021年6月1日 17時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
米山隆一さん

米山隆一さん

 医師で元新潟県知事の米山隆一さん(53)が1日、ツイッターに新規投稿。河野太郎ワクチン担当相(58)がファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、高齢者接種率の高い5県に優先して追加配分することを1日に表明したことに対し、「言語道断の方針です」と批判した。
 米山元知事は「早い遅いは医師数や地理的状況などの事情もあり一概に県の責任ではないですし、何よりこれが『感染制御に最適の方法』である合理的理由がありません」と競争の原理を導入するのではなく、地域ごとの事情を酌むべきだと主張した。さらに「感染非拡大地域で早く接種するより多少時間を要しても感染拡大地域で接種を進める方が感染制御には効果的でしょう」と、感染拡大している地域を優先すべきだと述べた。
 接種率が高い地域を優先する方針をとったことについて「要するに政府にとっては、『早く接種する』という見栄えの方が本当に感染を抑える事より重要だという事です」「自らの『政策的見栄え』の為に、感染拡大地域を始め本来優先して接種されるべき地域・人を後回しにしてその命を危険にさらす事で、接種を担う県・自治体をどう喝しても平気だという事です」と重ねて批判した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ