本文へ移動

立ち木すっきり劇的アフター 阿南、下條の国道151号で景観整備進む

2021年6月1日 05時00分 (6月2日 15時21分更新)
伐採前の国道151号(上)と伐採後(下)。遠くの山並みが一望できるようになった=阿南町新野で(同町提供)

伐採前の国道151号(上)と伐採後(下)。遠くの山並みが一望できるようになった=阿南町新野で(同町提供)

  • 伐採前の国道151号(上)と伐採後(下)。遠くの山並みが一望できるようになった=阿南町新野で(同町提供)
  • 阿南消防署前の国道151号。伐採前(上)と比べ、伐採後(下)は日当たりが増えた=阿南町西條で(県飯田建設事務所提供)
 阿南町、下條村の国道151号で、沿道の立ち木の伐採が進んでいる。中京圏などからの観光客に信州の美しい景観をPRしようと、両町村と県飯田建設事務所が手を組んだ。陽光が差して道路が明るくなり、遠くの山並みも見渡せるようになった。観光客や地元住民からも「視界が広がった」「走りやすい」などと好評という。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧