本文へ移動

【ロッテ】佐々木朗希 次回登板は8日からのヤクルト戦が候補 奥川との同級生対決にも期待

2021年6月1日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
外野でフリー打撃の打球を追いかけるロッテ・佐々木朗希

外野でフリー打撃の打球を追いかけるロッテ・佐々木朗希

 前回登板でプロ初勝利を挙げたロッテの高卒2年目右腕・佐々木朗希投手(19)の次回登板が6月8~10日のヤクルト戦(ZOZOマリン)となる可能性が浮上した。井口監督は「リカバリー期間なので、そこでどう過ごせるかということ。どこ(の試合)に入ってくるのか」と明言は避けたが、大まかな登板日は固まっているという。
 佐々木朗は5月27日の阪神戦(甲子園)で5イニング4失点ながらプロ初勝利。翌28日に再調整のため出場選手登録を抹消された。初勝利で先を越された同期のヤクルト・奥川恭伸投手(20)も同日に抹消され、ともに再登録は最短で6月7日。両者の調整が一致すれば、プロ初の投げ合いの期待も膨らむ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ