本文へ移動

【サッカー日本代表】坂元達裕「結果を残して絶対的な選手に」前回は故障で辞退、ジャマイカ戦へ闘志

2021年5月31日 19時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂元達裕

坂元達裕

 サッカー日本代表は31日、前日のJリーグに出場した国内組が合流し、合宿先の千葉県内で練習した。初選出だった3月の代表活動を故障で辞退したMF坂元達裕(24)=C大阪=がオンライン取材に応じ、再び日本代表に名を連ねた喜びと、代表定着への意気込みや覚悟を口にした。日本は6月3日にジャマイカと札幌ドームで対戦する。
     ◇
 Jリーグを湧かせる緩急自在のドリブラーが、初代表で大暴れを誓った。これまで世代別代表からも縁遠かった坂元がついにサムライブルーに袖を通し、並々ならぬ決意をその言葉に込めた。
 「小さいころから漠然と(日本代表に)なりたいと思っていた。なかなか現実的な位置までくるのに時間がかかったが、チャンスをもらえてうれしい。定着しないと意味がないので、結果を残して絶対的な選手になりたい」
 振り返れば、決して平たんな道のりではなかった。かみ締めるように「自分は代表に手が届くような存在ではなかった。挫折もたくさんしたし、プロの世界に入れるか、分からない時期もあった」と言った。FC東京U―15むさしからU―18への昇格を逃し、前橋育英高、東洋大を経てJ2山形でプロになった。昨季移籍したC大阪でブレークし、24歳でようやくたどり着いた舞台だ。
 「はい上がってきたからこそ、代表の舞台で結果を残して、今くすぶっている若い選手に夢や希望を与えたい」
 遅れてきたレフティーは、ここからさらなるシンデレラストーリーを駆け上がろうとしている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ