本文へ移動

大谷翔平“リアル二刀流”は減少方向へ…間隔を空け「投手専念」で当日も翌日も高パフォーマンス

2021年5月31日 15時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)の今後の起用法について、登板日に指名打者を解除して打線にも入る“リアル二刀流”が減り、登板間隔も長くなる可能性が高くなった。30日の球団地元紙ロサンゼルス・タイムズが、マドン監督の話として報じた。
 大谷は前回登板の28日、中8日の先発で7回途中を3失点と好投。指揮官は「全くパフォーマンスが低下することなく、通常より長い登板間隔を与えられることが証明された。間隔を空けても、彼の懸念材料にはならない」と語った。
 また、この試合は5日以来となる「投手専念」。指名打者を解除し、打線にも入る“リアル二刀流”を回避した結果で、同監督は「今夜見せてくれたのは、投げるだけの試合でかなり好投したという点だ」。さらに「ルーティンに関して、バットを持つ心配がないと、気持ちとして『投手・大谷』に専念でき、ギアが少し上がるんだろう」と分析した。
 疲労が関連しているのかは定かではないが、実際に今季は7試合に登板し、そのうち3試合が「投手専念」。その翌日は打率4割5分5厘(11打数5安打)、2本塁打、5打点に対し、“リアル二刀流”で投打をこなした翌日の4試合は11打数無安打、6三振だ。
 同紙は、同監督の「だからといって、リアル二刀流のドアを閉ざすという話ではない」との言葉を紹介しつつも、「同時に、監督はこれからの起用法について熟考すべき情報を手にしたという印象も与えた」と報じた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ