本文へ移動

”有言実行”大坂なおみに165万円の罰金「怒りは理解の欠如です」違反が続けば出場停止の可能性も

2021年5月31日 11時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回戦を突破した大坂なおみ(AP)

1回戦を突破した大坂なおみ(AP)

 プロテニス選手の大坂なおみ(23)が31日、自身の公式ツイッターを更新。30日の全仏オープンシングルス1回戦勝利後に記者会見を拒否したことについて、自身の見解をつづった。
 大坂は大会前、「選手の心の健康状態を配慮しないと感じることがよくある」として、会見に応じないことを宣言。試合終了後はコート上でのインタビューには応じたものの、会見には出席しなかった。
 このため主催者側は大坂が記者会見を拒否したことに対し、約165万円の罰金を科すと発表。これに対し大坂は「怒りは理解の欠如です。変化は人々を不愉快にします」とつぶやき、主催者側を批判した。
 主催者側は今後も違反が続けば全仏での失格処分、さらに他の4大大会への出場停止などの可能性も通告した。大坂は大会前のツイートで罰金処分を科されることを見越し、「罰金で得たかなりの額が、心の健康を考える慈善団体に寄付されることを願う」などと主催者側を皮肉っていたが、このままいけば、処分はさらに厳しいものになりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ