本文へ移動

【ロッテ】緩急つけて小島6イニング1失点今季2勝目 井口監督「丁寧な投球」とたたえる

2021年5月30日 20時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島戦に先発した小島

広島戦に先発した小島

◇30日 ロッテ7―1広島(ZOZOマリン)
 ロッテの先発左腕・小島は最後まで安定感のある投球を続けた。6イニングを4安打1失点で今季2勝目をマークした。
 「緩急をうまく使えたと思いますし、ピッチングとしてはまとめることができた」。課題は立ち上がりと打者が3巡目になってからの攻め方だったが、最後まで直球が走り、失点は6回に松山に打たれたソロ本塁打による1点だけ。井口監督も「丁寧な投球だった」と好投をたたえた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ