本文へ移動

【日本ハム】札幌の日曜なぜか勝てず今季2敗3分け 栗山監督「持っている力が出ているのが一人もいない」と嘆く

2021年5月30日 20時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボークで高松(手前)の生還を許す日本ハム西村

ボークで高松(手前)の生還を許す日本ハム西村

◇30日 日本ハム1―4中日(札幌ドーム)
 今や、北の大地で戦うサンデーゲームが“鬼門”となっている。この日も日本ハムの投打の歯車はかみ合わず、連敗。今季の札幌ドームの日曜日の成績は2敗3分けとなり、借金も今季ワーストの11に膨れ上がった。
 「中盤で(中日の)リードが広がると苦しくなると思った」。早めの継投に出た理由を説明する栗山監督は気丈に振る舞った。しかし、わずか1得点の打線について聞かれると「持っている力がそのまま出ている人が一人もいない、本当に珍しい状況」と嘆いた。
 5カード連続の負け越し。交流戦でも浮上のきっかけをつかめず、6月1日の広島戦(マツダ)からの6試合はDHを使えない敵地での戦いとなる。栗山監督は「しっかり大きな流れをつくれるようにやります」と自らに言い聞かせるように話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ