本文へ移動

独立「いきものがかり」の水野良樹が社長業のキモ語る

2021年5月30日 17時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
水野良樹

水野良樹

 音楽グループ「いきものがかり」のリーダー、水野良樹(38)が30日、東京都内で著書「うた/ことばラボ 『うた』と『ことば』についての14の対話」(ぴあMOOK)の出版記念トークショーを行った。
 2019年から「ぴあアプリ」で連載している、歌手や表現者との対話を書籍化した。トークショーには同連載で対談したシンガー・ソングライターの関取花(30)がゲストで出席。曲作りや近況などをテーマにざっくばらんなトークを披露した。
 水野は集まった40人のファンを前に「こんなにたくさんの人が集まるとは思ってませんでした。緊張します」と照れながら「自分に変化を及ぼしたい、と思って始めた企画でかたちになってうれしい。長い時間をかけたからこそ、いろんな内容を詰め込んだ1冊になったと思います」と話した。
 プライベートでの近況に水野は「柿ピーにはまってます。SがつくコンビニのピーナツとK製菓のカキの種を混ぜるのが一番、おいしい。箱買いしてます!」と熱くマイブームを披露。関取は「水野さんがパーソナルなお話をすると、ファンの皆さんの目がキラキラする。やっぱり人を見ているんだなと思いました」と感心した。
 「いきものがかり」は昨年、大手プロダクションから独立。水野が社長になって新会社を設立した。水野は社長業について「キャッシュフローは大事だな、と感じてます」と笑わせながら「どれだけ多くの人に支えられて音楽ができているのかを、かみしめています」と語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ