本文へ移動

”局長待遇”のTBS安住紳一郎アナ6月1日に社長と面談「周りが騒がしいので、全部つまびらかに…」役員専用エレベーターも下見済み

2021年5月30日 16時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
安住紳一郎アナ

安住紳一郎アナ

 TBSアナウンサー安住紳一郎(47)が30日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」に生出演、6月1日にTBSテレビ佐々木卓社長との面談に臨むことを明らかにした。
 朝のテレビ帯番組の担当に今秋からなることが発表され、出演番組の去就が注目されている安住アナは「私の周りが騒がしくなっているので、面倒くさいから全部つまびらかにしちゃおう」と話し「6月1日11時30分から2時間、TBSテレビの社長と話し合いがあります。(役員フロア専用)エレベーターの下見もしました」と明かした。
 さらに、2019年に部次長から「殉職級」(安住アナ)の2階級特進で局次長に昇進したことが報じられていたが、翌20年に局長待遇に昇進したことも紹介。自分の名刺を見ながら「TBSテレビ総合編成本部 アナウンスセンター局長待遇エキスパート職アナウンサー 安住紳一郎」と読み上げ、「長い長い。『北朝鮮 朝鮮民主主義人民共和国』みたいに長いのよ。自分でも暗記していないから」と笑った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ