本文へ移動

30年前は照明助手、今回は役者として…田中要次が赤井英和との共演に興奮

2021年5月30日 14時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
W主演の赤井英和(右)と上西雄大

W主演の赤井英和(右)と上西雄大

 俳優赤井英和(61)と上西雄大(56)がW主演する映画「ねばぎば 新世界」(上西監督、7月10日より全国で順次公開)の予告動画が30日、ユーチューブで公開された。
 上西が監督を務めた前作「ひとくず」は児童虐待を題材にし、国内外で話題を呼んだ。今作は大阪新世界を舞台に、かつてヤクザの組をつぶして回った勝吉こと村上勝太郎(赤井)と、その弟分、コオロギこと神木雄司(上西)が再会し、コンビでまた社会の明暗に立ち向かう姿を描くアクションドラマ。また、脇を固める田中要次(57)、菅田俊(66)、有森也実(53)らがコメントを発表した。
 田中は「この業界に入ったばかりだったころ、僕は赤井英和さん主演の映画『王手』で照明助手として参加しておりました。あれから30年がたち、再び大阪で赤井さんと今度は役者として共演できていることの興奮をカメレオンのごとく抑えながら、カメレオン役を演じました」とコメント。菅田は自身の出演を「ちょこっと」としつつ「八尾の朝吉に若い時に憧れて、映画の世界へ、リアル朝吉、浪速のロッキー赤井英和さん主演、大阪の街を暴れまくる」と意気込んだ。
 有森は「コロナに翻弄(ほんろう)されている私たちに、“ネバーギブアップ”と言うメッセージとともに、人を思う気持ちこそが希望なんだと教えてくれる映画です」としている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ