本文へ移動

【愛知】公共施設 来月20日まで原則休止 春日井市と小牧市

2021年5月30日 05時00分 (5月30日 13時36分更新)
臨時休館の延長を知らせる紙を張る職員=春日井市鳥居松町5の文化フォーラム春日井で

臨時休館の延長を知らせる紙を張る職員=春日井市鳥居松町5の文化フォーラム春日井で

 県に発令されている緊急事態宣言が延長されたことを受け、春日井市は二十九日、公共施設の利用の原則休止と、市や外郭団体が主催するイベントなどの原則中止または延期を、六月二十日まで延長すると発表した。
 行政運営上必要な会議や、中止や延期ができないイベントなどは、規模の縮小など実施方法を十分検討した上で、開催するかどうかを判断する。
 小牧市も同様の発表をした。市中央図書館や各市民センターの図書室、各児童館については、引き続き例外として最大で午後八時まで開館する。こども未来館は土日に限り、児遊広場を除くすべてのフロアを利用停止とする。
 六月五〜二十日に市民四季の森で予定していたバラ・アジサイまつりは、宣言延長を見越して五月二十五日に中止を発表していた(フォトコンテストのみ開催)。
 春日井市図書館がある同市鳥居松町五の文化フォーラム春日井ではこの日、臨時休館の延長を知らせる紙が入り口に張られた。同市岩成台六の主婦白木原靖さん(80)は「緊急事態宣言が延長されたことで、所属する市民サークルが予定していた会議やイベントができず、正直困っている」と困惑した様子で話していた。
 (磯嶋康平)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧