本文へ移動

【将棋名人戦】渡辺明名人が4勝1敗で初防衛し三冠を維持 6月6日開幕の棋聖戦で藤井聡太二冠へリターンマッチ挑む

2021年5月29日 18時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井二冠

藤井二冠

 将棋の第79期名人戦七番勝負第5局は29日、神奈川県箱根町のホテル花月園で2日目の対局が行われ、後手の渡辺明名人(37)が94手で先手で挑戦者の斎藤慎太郎八段(28)を破り、通算4勝1敗で初防衛、名人2期とするとともに、棋王、王将のタイトルと合わせて三冠を維持した。
 渡辺は6月6日に開幕する第91期棋聖戦の挑戦者に決まっており、前期史上最年少のタイトル獲得を許した藤井聡太棋聖(18)=王位=にリターンマッチを挑む。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ