本文へ移動

【DeNA】9回無死満塁生かせず引き分け サインミス?1死後に三走・神里が猛然と”本盗”で憤死

2021年5月29日 18時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・三浦監督

DeNA・三浦監督

◇29日 楽天1ー1DeNA(楽天生命パーク、9回規定により引き分け)
 DeNAが楽天の守護神・松井を攻め、9回無死満塁としたのに1点も取れず引き分けた。
 9回、敵失と連打で無死満塁としたが、牧が空振り三振。続く山下の2球目に三走・神里が猛然と本塁へ。山下が空振りして神里は三本間に挟まれタッチアウト。公式記録は神里の本盗失敗だったが、サインのミスか見落としなのは明らかだった。そして山下が一ゴロで無得点に終わった。
 その瞬間、ベンチでぼう然とした三浦大輔監督(47)。試合後には「作戦なので言えないですけど意思疎通、統一が監督としてできていなかった」と自らを責めた。負けなかったとはいえ、痛すぎるミスだった。
 「負けなかったのは、選手が守りでファインプレーをしたり、急きょ登板しても最少失点に抑えてくれたりしたおかげ。勝てなかったのは監督の責任です」と指揮官はショックを隠すように話していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ