本文へ移動

グレコ130キロ級の園田新、五輪出場は逃しても国内では無敵の7連覇!「完全に吹っ切れた」【レスリング全日本選抜】

2021年5月29日 17時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子グレコローマン130キロ級で優勝し、笑顔の園田新(代表撮影)

男子グレコローマン130キロ級で優勝し、笑顔の園田新(代表撮影)

 レスリングの全日本選抜選手権3日目は29日、東京・駒沢体育館であり、男子グレコローマン130キロ級では5月上旬の世界最終予選(ブルガリア)で敗れ、東京五輪出場を逃した園田新(26)=ALSOK=が圧倒的な強さで7連覇を達成した。
 五輪予選では、代表権獲得には至らなかったものの、強豪に勝ち爪痕を残した。帰国後は隔離期間を経て調整は不十分だったはず。それでも国内無敵は変わらず。決勝は開始1分足らずでテクニカルフォール勝ちした。
 「もう完全に吹っ切れた。世界との差が少しでも縮まっているのなら、次の五輪に出場できる可能性がある」と園田。国内では練習相手を探すのにも苦労し、世界の壁に何度もはね返されてきた。早々と明言したパリ五輪へ、挑戦は続く。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ